×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



「お姉さまばっかり専属メイドがいてずるいわ! 私も咲夜みたいな専属メイドが欲しい!」

「フラン、一つ教えてあげるわ。専属メイドっていうのは玩具じゃないのよ?」

「そんなの分かってるわよ。壊れない程度に遊べばいいんでしょ? 大体お姉さまだっていつも咲夜で遊んでるじゃない」

「それは遊ぶの意味が違うわ。それに私のは咲夜への愛情表現の一種なの。咲夜の困った表情を見るのが好きなの」

「……お嬢様、本人の目の前で言うことじゃありませんよ」

「まあ、それはともかく。フランの力に耐えられるメイドなんていないのよ。あ、美鈴なら十分な丈夫さ持ってると思うけど」

「門番なんていやよ。私は、私に付きっきりで居てくれるメイドが欲しいの」

「しょうがないわね。咲夜、これから一週間、フランに付いてあげて。あなたなら何かあっても大丈夫でしょ」

「構いませんけど、お嬢様のお世話はどうします?」

「適当な部下に任せなさい。とりあえずフランは力を使わないように。それができたら専属メイドも考えてあげるわ」

「分かったわ、お姉さま。約束よ」

 そんなこんなでフランドールと咲夜の主従週間が始まったのである。



フランと咲夜の主従週間



  一日目

「朝ですよ、フランドール様。起きてください」

 朝。咲夜は部屋のカーテンを開けながらフランドールに声をかける。しかしフランドールが起きる様子はない。

「フランドール様、朝ですよ」

 今度はベッドに近づき、フランドールの身体をゆすりながら声をかける。

「うーん、さくやおはよー」

「はい、おはようございます、フランドール様。まずは顔を洗いましょうね。それから髪を整えましょう」

「はーい」



「では、フランドール様。ここに座ってください」

 フランドールが椅子に座ると、咲夜はその髪を梳かし始めた。

「えへへ、なんか人に髪梳かしてもらうのって気持ちいいね」

「そうなんですか? 私は自分でやるので分かりませんが、お嬢様も同じ事を言ってましたね」

「じゃあ、今度私がやってあげるー」

「ふふ、ありがとうございます」

 そんな会話を交わしながら、咲夜は優しい手つきで、フランドールの髪を丁寧に梳かしていく。

 そんな中で咲夜はふと思い立った事を聞いてみた。

「そう言えば、フランドール様もお嬢様も髪が短いですよね。伸ばしたりはしないんですか?」

「考えたことないなぁ。咲夜は髪長い方が好きなの?」

「いえ。私の場合、長いと仕事の邪魔になったりもしますし、短い方がいいですね」

 そう答える咲夜に、フランドールは苦笑で返す。

「そう言う事聞いてるんじゃないのに。聞き方を変えるわ。髪が長いのと短いの、どっちの方がいじってて楽しい?」

「そうですね。やはり短いよりは、長い方が手入れのしがいはあると思います」

「咲夜がそう言うなら、髪伸ばしてみようかな。……ん?」

 フランドールが唐突に扉の方を向く。

「どうしました?」

「何かの気配がしたような気がしたんだけど……気のせいかしらね」

「そうですか? 私は気付きませんでしたが……はい、髪の手入れは終わりましたよ」

「ありがと、咲夜」

「それでは朝食にしましょうか」

「うん!」

 そうして朝の穏やかな時間は過ぎていった。



  二日目

「ねえ、咲夜。私ちょっと気に入らないことがあるの」

 穏やかな午前、唐突にフランドールが切り出した。

「何が気に入らないんですか、フランドール様?」

「それよ。そう呼ばれるのが気に入らないのよ。フランドールなんて長くて呼びづらいでしょ? だからフランって呼びなさい」

「では、フラン様と?」

「うん、それでいいわ。そう呼ばせるの、お姉さま以外は咲夜だけなんだから。感謝しなさいよ」

 満面の笑みを浮かべるフランドールに、咲夜も微笑を返す。

「ふふ、ありがとうございます。ではお礼にお茶とケーキを用意しましょうか」

「ほんと!? ありがと咲夜!」

「それじゃ、少し待っていてくださいね」

 先ほど以上の笑顔になるフランドールに苦笑しながら、咲夜はお茶の準備に向かった。



「いかがですか?」

「うん、とってもおいしいよ! そうだ、咲夜も一緒に食べよ?」

 とは言ってもケーキはフランドールの前に置かれている一つだけである。咲夜は疑問に思いながらも、促されるままフランドールの前に座った。

 そこへフランドールは小さく切り分けたケーキを突き出してきた。

「はい、あ〜ん」

「フ、フラン様!?」

「メイドを労わるのも主の役目でしょ? これはご褒美よ。だから、あ〜ん」

 咲夜は観念し、恥ずかしそうに口を開けた。

「おいしい?」

 顔を赤くしながら頷くと、今度はケーキ自体を咲夜の前に出して

「じゃ、次は咲夜の番ね。はい、あ〜ん」

 と、口を開けてきた。

「あ、あの、フラン様?」

「主に奉仕するのがメイドの役目でしょ? だから、あ〜ん」

 フランドールは口を開けて待っている。咲夜はまたも観念し、先ほど以上に恥ずかしそうに

「あ、あ〜ん」

「うん、おいしい。でも……」

「何か至らないところがありましたか?」

「違くて、ただ、こうしていると主とメイドっていうより、恋人同士って感じみたいだなって」

 その時、フランドールには部屋の温度が急に下がった気がした。だが咲夜は気付かないようで

「こ、恋人同士って、何てこと言うんですかフラン様!?」

「咲夜は、私のこと嫌い?」

「そういうわけじゃありませんけど、ただ……」

 私にはお嬢様がいますし、と咲夜が聞こえないぐらいの声で呟いた瞬間、フランドールが感じていた寒気はなくなった。

「咲夜ったら妬けちゃうくらいお姉さま一筋ね〜」

 からかわれた咲夜が顔を赤くしつつ、お茶の時間は過ぎていった。



  三日目

 穏やかな日差しの午後。

「うーん、今日もいい天気ねー。よし、咲夜、散歩に行くわよ」

「はい、お供します。日傘を持ってきますので少し待っていてください」


 散歩すると言って外に出てきたフランドールは、日傘を持ちながらはしゃぎ回っている。

「フラン様、あまり動くと日光に当たってしまいますよ」

「少しくらい当たっても平気よ。でも、そうね。少し疲れたから横になろうかしら」

 そう言いながら木陰に歩いていき、咲夜を手招きする。

「じゃ、咲夜はここに座って」

 咲夜が言われた通りに座り木に寄りかかると、フランドールが膝に頭を乗せてきた。

 つまりは膝枕である。

「咲夜の太もも柔らかいねー」

「そうですか? 割と筋肉ついてると思うんですけど」

 咲夜はフランドールの頭を撫でながら答える。

「それでも柔らかいからいいの。ふぁ〜」

「お眠りになって構いませんよ。私はここに居ますから」

「うん、じゃあ、少し眠るね。足痛くなったら起こしていいからね」

「はい、おやすみなさいませ」

 そのまま頭を撫でていると、すーすーとフランドールの寝息が聞こえてきた。それでも咲夜はしばらく頭を撫で続けた。

 しばらくそうしていると、小さな足音が聞こえてきた。眠っているフランドールを起こさないための配慮だろう。それでも完全に足音を消さないのは咲夜を驚かせないためか。

「楽しそうね、あなたもフランも」

「お嬢様」

「ああ、そのままでいいわよ。フランが起きちゃうわ」

 言いながら咲夜の隣に腰を下ろし、フランドールに目を向ける。

「まったくこの子は。そこは私の特等席なのに。まぁ、今回ぐらいはいいわ。でも咲夜、これ以上はダメよ?」

「これ以上って……何を言ってるんですか、お嬢様」

「冗談よ。咲夜はそんなことするわけないものね、フランはともかく」

 それはつまりフランドールは「これ以上」をする可能性があると言っているわけで。咲夜はフラン様が何をするのだろうと思っていると、レミリアが咲夜の隣に座ってきた。

「さて、私も少し休ませてもらうわ。膝は取られてるから、私は肩を借りるわよ?」

「はい、ごゆっくりお休みください、お嬢様」

 咲夜が微笑みながら応えると、レミリアは咲夜に身体を預け眠り始めた。


 膝の上と、肩には愛しい主たち。日差しは温かで、風に吹かれた木の葉が時折さらさらと音を立てる。

 咲夜は時間を操ったわけでもなく、ゆっくりした時間が流れていくのを感じていた。


 どれくらいそうしていたのか。

 レミリアは目を覚ますと、フランが起きる前にと屋敷の中へ戻っていった。

 それからしばらくしてフランドールも目を覚ました。

「ふぁ〜、おはよ〜さくや〜」

「おはようございます、フラン様。と言ってもまだ眠そうですね。丁度お茶の時間ですし、紅茶を入れましょうか」

「うん、おねがい〜」

 まだ眠そうなフランドールの手を引きながら、咲夜も屋敷の中へ戻っていった。



  四日目

 吸血鬼を主に持つ紅魔館とは言え、住民の大半が眠りに付く深夜。

 咲夜も例に漏れず眠っていたのだが、何かの気配を感じ目を覚ました。

「フラン様……?」

「あ、ごめん咲夜。起こしちゃった?」

「いえ、構いませんけど。どうしたんですか、こんな夜中に」

「え、えっと……」

 咲夜は問いかけてみるが、フランドールは口ごもるばかり。どうしたのだろうと思っていると、不意にフランドールが布団の端を握っているのが目に入った。

「もしかして怖い夢でも見たんですか? で、布団に潜り込もうとしてたんですね」

「そ、そう! 怖い夢見ちゃったの! だから咲夜に一緒に寝て欲しいなって!」

「ふふ、仕方ないご主人様ですね。さぁ、どうぞ」

 と、ベッドの端に寄り、布団をめくる。

 ちなみに咲夜には吸血鬼が夢なんて怖がるのか、なんて思考はない。あったとしても、甘えてくる小さな主(仮)を拒むなんてことがあるはずも無いが。

「えへへ、お邪魔するね」

「はい、安心してお休みください」

 フランドールは嬉しそうに布団に入り、咲夜に抱きつくようにして眠る。そして咲夜もフランドールを包むように抱いて眠りに就いた。



 が、しかし、それを許さない者がいた。

「フランドーーールッ!!!」

 そう叫びながら、部屋のドアをぶち破ってきたのは言うまでもなくレミリアである。

「私は言ったわよね? これ以上は許さないって。なのにこれはどういうこと!?」

「お、お嬢様落ち着いてください。これはフラン様が怖い夢を見たからで。それにあの時フラン様は眠ってたんですよ?」

「フランは寝たふりしてただけよ。私が殺気送りながら近づいてったんだから、起きないわけ無いわ」

「私と咲夜がいちゃいちゃしてる時に感じてた視線と殺気は、やっぱりお姉さまだったのね」

「そんなことしてたんですか、お嬢様……」

「あなたに何かあった時のために監視してただけよ。とにかくフランは咲夜にべったりしすぎよ! 専属メイドでも何でも用意してあげるから、咲夜から離れなさい!」

「私やっぱり専属メイドなんていらなーい。咲夜がいればそれでいーや」

 その台詞にレミリアはとうとう限界を超えたのか。

「ふふふ、いい度胸ね。また500年ぐらい眠りたいのかしら」

「あはは、お姉さまこそ私とやる気? 手加減なんてしないわよ」

「お、お二人とも落ち着いて、」

 二人を止めようとする咲夜だが、

「咲夜は黙ってて」「咲夜は黙ってなさい」

「で、ですがお二人に怪我でもあったら、私は……」

 そこで咲夜が本当に悲しそうな顔をすると

「……フラン」

「……ええ、お姉さま」

 姉妹揃って何か思うところがあったのか、頷きあい

「大丈夫よ、咲夜。これはただの姉妹喧嘩」

「怪我なんてしないし、しても大したものじゃないわ」

「本当ですか? 約束ですよ?」

「本当よ。咲夜との約束を破るわけないじゃない」

「そうよ。咲夜との約束破って、嫌われたりなんかしたくないし」

「……わかりました」

「じゃ、咲夜の許可も得たことだし」

「ええ。行くわよ、お姉さま!」

「来なさい、フラン!」

 そうして壮絶な姉妹喧嘩が始まった。しかしレミリアもフランドールも、咲夜と約束した以上、互いに大怪我を負わせはしないだろう。

 咲夜としては一安心というところである。



 だが、これから先、さらなる受難が咲夜を待っていようとは、予想できるはずも無かった。




<続く……といいな>







 フランのサイドテール?は短いということで。
 とりあえず咲夜総受け?みたいなの目指したい